住まいのセキュリティって?:住まいのセキュリティ...


住まいのセキュリティ対策には終わりはないと思って下さい。
犯罪は進化するぜ。
今まで通用していた防犯対策が通用しなくなることもあると思うよ。
オートロックも暗証番号を変更しなければセキュリティ面では効果が低くなる。
犯罪はこのような盲点を突いてくるものなのだ。
住まいのセキュリティを日々強化して、安心して暮らせるように努力を怠らないようにしていきよう。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい14住まいのセキュリティとは若干離れますが、最近若い女性が狙われる事件が多発してる。
若い女性宅を狙った窃盗犯や婦女暴行犯など、女性はつねに犯罪のターゲットにさらされることがあるぜ。
しかし犯罪被害にあってしまった多くの女性が、鍵の閉め忘れにより犯罪にあってたとしたらどうしますか?

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい1住まいのセキュリティを考える上で、立地条件は非常に大切な要素となる。
例えば狭く入り組んだ路地が多く車が入りにくい場所に住まいがある場合は、犯罪者が活動しやすいところにあるので危険といえると思うよ。

住まいのセキュリティを考える上で大切になってくるのが、自分の住まいの現状を知ることだ。
特に自分の住まいが犯罪者にとって、犯罪がしやすい住まいなのか、それとも犯罪がしにくい住まいなのかを把握しておくことが大事になってきます。
そしてそれにはまず犯罪に合いやすい住まいとはどういうものかを知ることが重要となる。


関連情報:    

住まいのセキュリティ情報:住まいセキュリティ-犯...


住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい21車上あらしや盗難を未然に防止するには、まずはきちんとした防犯対策をしていることを分かるようにすることだ。
威嚇ようのアラームや、車が動かないようにするものなど、さまざまな防犯用品が車にはあるぜ。
自分でできることはやっておく姿勢が大切だ。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい8ピッキング対策のために玄関の鍵を交換する人は最近増えてきてる。
ホームセンターなどにもピッキング防止用の鍵を販売しているコーナーもあるぜ。
しかしそれに対して、窓のセキュリティ対策をしている人はそれほど多くないのかもしれない。

住まいのセキュリティの関心を高めたところで、そのあとは住まいの防犯機能を充実させていくようにしよう。
まずは玄関の鍵だ。
ピッキング対策用の鍵などに交換をしていないのであれば早めに交換をしておきよう。
それから鍵も1つよりは2つあったほうがいいので、出来れば鍵を増やそう。


関連記事:          

住まいのセキュリティについて:住まいのセキュリテ...


住まいのセキュリティを考えるときに、自分の住まいが犯罪に遭いやすいかの判断ができたら、次にやることは自分の住まいに最適なセキュリティ対策をおこなうことだ。
まずはセキュリティへの関心を家族全員で共有することが大切だ。
鍵が閉まっているかなどのチェックを家族全員でおこなうようにしていくなどが必要だ。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい9犯罪者は玄関から侵入ができなかった場合は、窓を破って侵入してきます。
玄関のセキュリティ対策は万全なのに、窓のセキュリティ対策はやっていなかったでは犯罪者の思う壺だ。
窓ガラスを簡単に破られてしまうようでは住まいのセキュリティとしては問題がある。

住まいのセキュリティを高めるためには玄関だけでなく、家周りの窓の強化も大切だ。
犯罪者の多くはピッキングなどの面倒なことはせずに、ドライバーだけで破れる窓から侵入をするといわれてる。
そのため防犯用の窓にすることは必須の作業と言えるんじゃないかな。


関連記事:    

住まいのセキュリティについて:住まいのセキュリテ...


住まいのセキュリティを考える上で大切になってくるのが、自分の住まいの現状を知ることだ。
特に自分の住まいが犯罪者にとって、犯罪がしやすい住まいなのか、それとも犯罪がしにくい住まいなのかを把握しておくことが大事になってきます。
そしてそれにはまず犯罪に合いやすい住まいとはどういうものかを知ることが重要となる。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい6ニュータウンのように、同じつくりの住宅が点在しているところの場合、住まいのつくりが同じ住宅が複数あることになる。
そうすると住まいのセキュリティ面でも変わらないことが多いので、犯罪者が連続して押し入ることもよくある。
自分の住まいのセキュリティも大事だが、地域全体で住まいのセキュリティを考えていくことも大切だ。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい20車上あらしや盗難は、鍵をしていてもおこります。
しかし鍵をしないでその場を離れたわずかな時間で被害に遭うことも少なくない。
鍵をしてもしていなくても車上あらしや盗難に遭うことはあるが、まずは自分でできるセキュリティ対策をしていくことが大切だ。


関連記事:      

住まいのセキュリティとは:住まいのセキュリティを...


住まいのセキュリティを考える上で大切になってくるのが、自分の住まいの現状を知ることだ。
特に自分の住まいが犯罪者にとって、犯罪がしやすい住まいなのか、それとも犯罪がしにくい住まいなのかを把握しておくことが大事になってきます。
そしてそれにはまず犯罪に合いやすい住まいとはどういうものかを知ることが重要となる。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい15住まいのセキュリティ対策に万全を期すのは大事なことだ。
しかしセキュリティ対策万全の住宅に住んでいても、本人のセキュリティへの自覚が低ければ犯罪から身を守ることはできません。
確かに犯罪者が悪いに決まってるんだが、それでも自分の身は自分で守らなくてはいけないのだ。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい1住まいのセキュリティを考える上で、立地条件は非常に大切な要素となる。
例えば狭く入り組んだ路地が多く車が入りにくい場所に住まいがある場合は、犯罪者が活動しやすいところにあるので危険といえると思う。

住まいのセキュリティを考える上で大切になってくるのが、自分の住まいの現状を知ることだ。
特に自分の住まいが犯罪者にとって、犯罪がしやすい住まいなのか、それとも犯罪がしにくい住まいなのかを把握しておくことが大事になってきます。
そしてそれにはまず犯罪に合いやすい住まいとはどういうものかを知ることが重要となる。


関連情報: