住まいのセキュリティは…:住まいセキュリティ-犯...


住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい3住まいのセキュリティを考える上で、人通りというのは犯罪者が活動をする上での目安となることがある。
やはり人通りが多いところでは犯罪が起こりにくくなる。
路地裏の人通りが少ない場所に住まいがある場合は、いつも以上に住まいのセキュリティ対策を意識しておこなっていくことが大切だ。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい17犯罪者はときに、玄関から堂々と侵入してくることがあるぜ。
例えばよくあるケースが、「下の住人だが水漏れがあるようなので・・・」といって部屋に上がりこむやり方だ。
このようなケースの場合は、まずは不用意にドアを開けないこと、そして隣人の顔をおぼえておくことが大切なこととなる。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい4住まいのセキュリティに関しては、最新の住宅には適わない。
一度購入した住まいを新しくするわけにはいかないが、やはり新しい住宅よりもセキュリティ面は劣ることは認識しておいたほうがいいだろう。

住まいのセキュリティを考える上で大切になってくるのが、自分の住まいの現状を知ることだ。
特に自分の住まいが犯罪者にとって、犯罪がしやすい住まいなのか、それとも犯罪がしにくい住まいなのかを把握しておくことが大事になってくる。
そしてそれにはまず犯罪に合いやすい住まいとはどういうものかを知ることが重要となる。


関連情報: