住まいのセキュリティとは?:住まいのセキュリティ...


住まいのセキュリティを考える上で大切になってくるのが、自分の住まいの現状を知ることだ。
特に自分の住まいが犯罪者にとって、犯罪がしやすい住まいなのか、それとも犯罪がしにくい住まいなのかを把握しておくことが大事になってきます。
そしてそれにはまず犯罪に合いやすい住まいとはどういうものかを知ることが重要となる。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい20車上あらしや盗難は、鍵をしていてもおこります。
しかし鍵をしないでその場を離れたわずかな時間で被害に遭うことも少なくないんだ。
鍵をしてもしていなくても車上あらしや盗難に遭うことはあるが、まずは自分でできるセキュリティ対策をしていくことが大切だ。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい7住まいのセキュリティを考えるときに、一番意識しなければいけないのは犯罪者がどこから侵入してくるかということだ。
犯罪者は基本的には玄関や窓といったところから侵入をしてきます。
ということは玄関と窓のセキュリティ対策をしていけば効果が高いということになる。

住まいのセキュリティを考えるときに、自分の住まいが犯罪に遭いやすいかの判断ができたら、次にやることは自分の住まいに最適なセキュリティ対策をおこなうことだ。
まずはセキュリティへの関心を家族全員で共有することが大切だ。
鍵が閉まっているかなどのチェックを家族全員でおこなうようにしていくなどが必要だ。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい9犯罪者は玄関から侵入ができなかった場合は、窓を破って侵入してきます。
玄関のセキュリティ対策は万全なのに、窓のセキュリティ対策はやっていなかったでは犯罪者の思う壺だ。
窓ガラスを簡単に破られてしまうようでは住まいのセキュリティとしては問題があるよ。


関連情報: