住まいのセキュリティについて:住まいのセキュリテ...


住まいのセキュリティを考える上で大切になってくるのが、自分の住まいの現状を知ることだ。
特に自分の住まいが犯罪者にとって、犯罪がしやすい住まいなのか、それとも犯罪がしにくい住まいなのかを把握しておくことが大事になってきます。
そしてそれにはまず犯罪に合いやすい住まいとはどういうものかを知ることが重要となる。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい6ニュータウンのように、同じつくりの住宅が点在しているところの場合、住まいのつくりが同じ住宅が複数あることになる。
そうすると住まいのセキュリティ面でも変わらないことが多いので、犯罪者が連続して押し入ることもよくある。
自分の住まいのセキュリティも大事だが、地域全体で住まいのセキュリティを考えていくことも大切だ。

住まいセキュリティ-犯罪に遭いやすい住まい20車上あらしや盗難は、鍵をしていてもおこります。
しかし鍵をしないでその場を離れたわずかな時間で被害に遭うことも少なくない。
鍵をしてもしていなくても車上あらしや盗難に遭うことはあるが、まずは自分でできるセキュリティ対策をしていくことが大切だ。


関連記事: